鮫島 陽|Minami Samejima|002-1|炭化灰色片口
鮫島 陽|Minami Samejima|002-1|炭化灰色片口
鮫島 陽|Minami Samejima|002-1|炭化灰色片口

OUTBOUND

鮫島 陽|Minami Samejima|002-1|炭化灰色片口

レギュラー価格 ¥6,000

配送料はチェックアウト時に計算されます。

鮫島陽|「食膳具」
2020年10月2日 [金] – 2020年10月12日 [月]
|11:00 – 19:00|6日火休

昨年、器作りを学んだ岐阜県多治見市を離れ、愛知県豊明市へと生活と製作の場を移し、現在は新たな環境の下で作陶に取り組む鮫島陽氏。
緊張感と、どこかにおおらかさが共存する形、そして炭化焼成により現れる偶然の景色は、彼女がつくる器の大きな特徴といえるかもしれません。
今回の展覧会では、その佇まいだけではなく、実際に料理を盛る食器としての魅力に焦点を当てた内容を予定しております。
新作の汁鉢をはじめ、リム皿やサラダボウル、片口や急須、塩壺など、500点近くの器が並ぶ景色を、是非ご覧下さい。

002-1|炭化灰色片口

¥6000+tax

口縁135-145×155-173mm 高さ65-78mm

*サイズには個体差がございます。

*<002-2>は特に一回り小さく、口縁119×147mm 高さ70-73mm ほどです。


*Casa BRUTUS のウェブマガジンに鮫島氏のインタビューが掲載されています。

https://casabrutus.com/design/154623

鮫島 陽|Minami Samejima|002-1|炭化灰色片口